最新情報

特許事務所を東京でお探しならファーイースト国際特許事務所があります

特許事務所を東京でお探しですか?
もしそうなら初めてでも安心のファーイースト国際特許事務所におまかせください。

特許事務所を東京でお探しの場合、どの特許事務所を選択すればよいかについての注意点は次の通りです。

東京で特許事務所を選ぶ際の参考にしてください。

東京であなたの仕事に対応できない特許事務所があります

特許事務所であればどこでもよい、というわけではなく、あなたからの仕事に対応できない特許事務所があります。

特許事務所は敵と味方との双方の代理を務めてはいけないという双方代理禁止の法律に縛られています。敵と味方との両方の仕事を扱うと敵の情報が味方に流れるため、事実上スパイ行為が実現してしまいます。法律ではこのような行為を行うことを禁止しています。

このためあなたよりも先にあなたのライバルが特許事務所に仕事を依頼している場合には、その特許事務所はあなたからの仕事を受けることができません。

どこの特許事務所でもあなたの仕事に対応できるわけではありません。いざ必要になったときに対応を断られないよう普段からどの特許事務所に仕事をお願いするかについて検討しておく必要があります。

特許事務所を東京で探す場合のポイントは?

あなたの技術分野に対応できる事務所であるかどうか

東京の特許事務所でもオールマイティというわけではなく、得意分野、不得意分野があります。これは病院でも内科、外科、耳鼻咽喉科等に分かれているのと同じです。

特許事務所でもあなたの技術分野に強いかどうかを確認してから仕事を依頼するようにする必要があります。

特許事務所がどの技術分野に強いかは、その特許事務所が対応した特許公開公報を調べることにより確認することができます。

ライバルが先に仕事を依頼していないかどうか

あなたの技術分野に強い特許事務所は、当然ながらあなたのライバルも探しています。

ライバルがあなたより先にその特許事務所に仕事を依頼してしまうと、あなたが特許事務所に仕事を依頼してもその特許事務所から仕事の依頼を断られる場合があります。

特許事務所は敵と味方との双方を代理することが法律により禁止されているからです。

大手特許事務所に仕事を依頼しても断られる場合があるのはこの理由によります。大手特許事務所の場合は事務所の維持に多くの固定費がかかるため、出願件数の少ない企業と付き合うのを避けたがるからです。特に大手企業と同じ分野の仕事を請けてしまうと、以後大手企業からの仕事を受注することができないことから仕事の内容によっては仕事の対応を断られる場合もあります。

知的財産権の維持管理がしっかりしているかどうか

特許事務所の仕事は特許庁に書面を提出して終わりではありません。その逆で特許庁に書面を提出してから始まるといっても過言ではないです。

特許庁からの指令に迅速的確に対応するため、特許事務所とあなたとは常時連絡を取ることのできる体制でなければなりません。

可能であれば実際に特許事務所を訪問してください。しっかりした事務所であれば複数の弁理士、スタッフ事務員が常時在籍しています。

しっかりした特許事務所ではなく仕事の仲介をするに過ぎない事務所の場合、ホームページに記載されている住所に実際には事務所が存在しないことがあります。

電話をしてもいつも留守で電話番しかいない場合などは注意が必要です。

東京のファーイースト国際特許事務所におまかせください

ファーイースト国際特許事務所は、特許出願、実用新案登録出願、意匠登録出願、商標登録出願等の出願を年間1000件近く実施しています。

日本全国からお客さまが集まるファーイースト国際特許事務所は業界トップクラス。多くのお客さまからご支持いただいています。

特許出願の関連情報

  • 2011年12月24日
    サイトをリニューアルしました。

このページの先頭へ